花菖蒲

アクセスカウンタ

zoom RSS 犯罪を防止するには〜2

<<   作成日時 : 2006/10/26 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の続きです。

前回は一般社会について述べましたが、今回は芸能界について。

職業を聞かれた場合、"芸能人""俳優"と答えると、相手の目の色が
変わりますね。次に出演暦なども聞かれることが多いようです。
日本人はミーハーな人が多いのか、公共電波に乗る人に憧れを持つ
人が多いのか…。確かに私たち一般人から見ると、華やかな世界に
見えるし、別世界にも感じます。みんな、自分達の夢を彼らに重ねて
いるからかもしれません。

一般社会の就職であれば、学校で学んだものを発揮すれば、手に入る
ものが多いですが、芸能界はそれこそ、運も大きいですからねー。

運やコネも実力と同じく要求される世界であるからこそ、罠も一般社会
以上に潜んでいるわけで…。女性の場合は上の地位の人からのセクハラ
も一般社会の比じゃないでしょう。TVでも舞台でもスタッフや俳優などからの
耐え難い行為も…大きな(人気)作品ほど起こり易いと思います。

前回の記事でも書きましたが、芸能界の場合、簡単に訴えられないのが
困ったところですね。相手が強いほどもみ消される…週刊誌に訴えても
相手にされなかったり、下手すると売名行為…。警察沙汰にならないために
加害者はますますのさばってしまう。のさばる悪を何ともできないわけです。

ところで、今、某アイドルが自分のブログで事務所に強姦されたことを告白して
大きな話題になってますね。最近、「グラビアアイドル→AV女優」というパターンが
増えてるので、今回も話題づくりなのかなっとも思いましたが…警察沙汰になら
ない限り、真相は闇の中。事実ならばブログに公開する前にまず、訴えて欲しいの
だけど…。

私は別にフェミニストではないけれど、時代劇の勧善懲悪世界を長年味わって
きたからか、人一倍、不条理は許せないんですよ。

だからこそ、こういう悲しいことはなくしてほしいと思うんです。

スポンサーに捧げられる女優やアイドルがいるように政治家の中にも"悪"が
いるかもしれない。性犯罪に対する罰則や予防策が強化されないのには何か
裏があるんだろうな。

追記
 某グラビアアイドルの強姦事件、どうやら事実みたいですね。今は訴える
準備をしているそうですが、マスコミにも大きく取り上げられて、芸能界の暗部を
大掃除できれば良いのですが…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
犯罪を防止するには〜2 花菖蒲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる