花菖蒲

アクセスカウンタ

zoom RSS 男女の役割って

<<   作成日時 : 2006/11/07 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 下村氏「待機児童対策見直し」〜官房長官、火消しに躍起

多くのブログで話題になってますね。
私は安倍政権になってからこの方を知ったのでそれ以前の下村氏の発言は知りません。
しかし、擁護する立場を取っていたので今回も擁護させて頂きます(´Д`)

多くのブログで
「痛い発言」「老人の妄言」「化石のような人」「女性は子育ての道具じゃない!」
などとヒステリックな反応が見られます。是非とも下村氏の全発言を全く省略しないで読んでみたいのですが、残念ながら全文は見つかりませんでした。

まず注意して欲しいのは、マスコミによる報道というものはそのマスコミの思想や立場の影響を込めて出されるんです。だから報道を牛耳れば、戦前のように情報統制や国民の思想操作はたやすいんです。つまり、社の思想や方針に合うように文言を改変することもあるわけですよ。全くの改変は改竄なので犯罪ですが、前後の文言をはしょったり、言葉を言い換えたりなどは日常茶飯事です。そのわずかな変更が発言者の真意を損ねることだってあるんですよ。

早速、民主党や共産党も予想通り、嚊みついておりますが…彼らはちゃんとした(国益になる)政策や対案を出せていないから、政府の足を引っ張りたいんでしょう。私は別に自民党を盲目的に支持するつもりはありませんが、二大政党制をもつ外国のように対案を出して、正々堂々と闘ってくれるならまだしも、いつも粗探ししかできないのは恥ずかしくないんでしょうか。国会を空転させるのは国益なんでしょうか?民主党結党当時は期待していた時代もあったんですがね。

下村氏は決して「女は女らしく働かずに家庭にいればいい!」なんて言ってるわけではないでしょ?!最近、家庭教育を疎かにして、教育は学校任せという親が増えているんですが、「自分の子は最低1歳までは愛情を持って家庭で責任持って育てるべし!」と言いたかったのではないですか?

確かに女性が1歳までの時期を子育てだけに関わるのは不公平だという意見はあるでしょう。男性がやってもいいでしょう。「子どもにとって母性が大事な時期はあると思うが、いろいろな人生、暮らし方がある」と高市早苗少子化担当相は言ってました。でも子育てにも得手不得手があると思うんです。どちらが困難が少ないかといえば体のつくり的に女性でしょう。それに赤ん坊は母体から生まれてきたわけで、幼い内は母の温もりを常に与えていた方がいいはずです。つまり、スキンシップは母乳を与えられる女性の方が栄養的にも精神安定上も好ましいと思うんです。

本当は医学的に母によるスキンシップの利点を考えてみようと思ったのですが、知識不足なのでまた数年後に機会があれば書いてみます。

最後に下村氏は女性蔑視主義者ではなく、親(男女)による子育てについてしっかりとした考えを持った方であることを断っておきます。

わが子は親が責任を持って育てなさい!

と言いたかっただけなんですよ、きっと。何度も言いますが、人任せにしているとろくな子供に育ちません。自分勝手な子供になりますよ。だって親じゃないのに大事な預かりものを厳しくしつけるのは難しいでしょうに。親だから厳しくできるんですよ。

政府がすべきこと、国会議員が議論すべきことは「女性が子育てをしなくても良い社会を作ることではなく、親が保育所など人任せにしなくても良い社会を作ること」だと思うんです。政治について書くと堅いブログになるんで控えようと思っていましたが、今回の野党などの反応には我慢がなりませんでした。このままだと二大政党制なんて…ありえませんね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「親が保育所など人任せにしなくても良い社会を作ること」には賛成で,国会で議論してほしいと思うけど実現するのは難しいと思う.中学での教育実習や就職活動を経験している俺にとっては,現実味が感じられないわ.かといって,否定し続けると社会が良くならないというのもわかっているんだけどね.理想と現実のギャップって苦しいね.
関西人ランナー
2006/11/07 22:56
確かに一人の子供にかかる教育費を考えたら無理でしょうな。
一番実現させやすいのは政府が取り組んでいる保育所の増加と幼稚園と保育所の統合及び義務教育化ですかね。←ここら辺の記憶は曖昧で間違っていたら申し訳ないです。

政府だけでなく、企業の意識付けも含めて社会の理解を得るようにしたいもんです。例え育児で休職しても暖かく迎えてくれる社会をね。

なぜか今は好景気らしいのですが、もしもゆとりがあるのならこの機会に育児を応援している姿をTVなどで見せてくれれば、女性も産もうと思うかもしれないです。このままだと日本の人口は大幅に減少してしまうので、何よりも優先すべき懸案かもしれないですね。
MEAnoir
2006/11/08 00:09
男女の役割って 花菖蒲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる