花菖蒲

アクセスカウンタ

zoom RSS ミラーマンの性癖

<<   作成日時 : 2007/05/19 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 植草被告、セーラー服痴漢プレー

電車内で痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反罪に問われた元早大大学院教授植草一秀被告(46)の公判が18日、東京地裁で開かれた。検察側は植草被告の知人女性2人の実名を“隠し玉”として挙げ「セーラー服痴漢プレー」歴や「女子高生の制服購入」歴などの性癖を次々質問。植草被告は多くを大筋で認めた。検察側が猛攻撃に出た格好だが、弁護側も次回、新目撃者を登場させる予定で、今後も激しいバトルが続きそうだ。検察官は突然「Sを知ってますね」と植草被告の知人女性の実名を出した。「はい」と答えた同被告に対し“性癖暴露質問”攻撃が始まった。まず「(Sに対し)『もし君がミニスカートをはいて電車に乗っていたら、痴漢されたい?』と質問したことがあるか」。植草被告は「はっきりと記憶していないが」としつつ、否定しなかった。検察官はさらに「Oを知ってますか」と別の実名を出し「セーラー服を着せて性交渉したことがありますね」と追撃すると、同被告は「1〜2度あったかと思う」。「逮捕後(Oに)100万円渡しませんでしたか」と“口止め疑惑”を持ち出すと、同被告は「弁護士を通じて…」と認めた。検察官はプレー内容にまで切り込んだ。「女性にセーラー服を着せて痴漢プレーをしたことはあるか」。同被告が「何度かある」と答えると「触ったのは前から、後ろから」と追及。同被告は「後ろだったと思う。腰や尻を手でなで回すようにしたと思う」。さらに検察官が「洗面台の前で紺色のスカートをまくって、パンティーの上からお尻をなで回したことがあるか」と迫ると、「非常に昔にはあったと思うが…」。さらに「ベッドルームでチェック柄のスカートをはかせて、スカートの中に手を入れるプレーをしたことはあるか」「その状況をデジカメ撮影したことはあるか」とまで聞き、同被告は「昔はあったかもしれない」などと述べた。このほか「平成11、12年ごろ(東京の)神田神保町の書店で、電車内の痴漢を題材にしたビデオを買ったか」「(東京の)不忍池近くのアダルト店で女子高生の制服を買ったか」と詰問。同被告は「あったかもしれない」「買ったと思う」。さらに「帽子とマスクで変装して買いに行ったか」とまで聞き、同被告は否定しなかった。ただ「保釈後、デリヘルで遊んだか」という質問だけは、はっきりと「ありません」と否定した。最後に神坂尚裁判長が「あなたの記憶に明確に反することはあったか」とフォローしたが、植草被告は「明確に反することはなかった」と大筋で認めてしまった。前回公判で、弁護側は「再現DVD」を法廷上映したが、検察側が逆襲に出た格好。弁護側は次回、電車内の新目撃者を証人出廷させ再反撃に出る予定だ。


植草被告は冤罪だ!国家の陰謀だ!!」と言う人もいるようですが、この文章を読むととても信じられませんよね。TBSの捏造事件朝日の歪曲報道といった例もあるので、マスコミの出す記事が全て真実とはいえませんが…どのような判決が下りるのか気になりますね。

国家の陰謀といっても…植草氏ってそれほど政府にとって危険人物なんですかね。影響力なら、朝日新聞や左翼系著名人(某キャスター、某監督など)の方が大きいだろうに。

最後に解説に利用させてもらったブログを紹介しておきます。

ぼやきくっくり

資料として読んでも為になります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミラーマンの性癖 花菖蒲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる