花菖蒲

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本 再び鎖国政策〜過剰な著作権保護

<<   作成日時 : 2007/06/03 13:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ネット上にデータを保存するサービスはすべて著作権侵害で違法です

オンラインストレージサービス、わかりやすく言うと、Yahoo!の運営する「Yahoo!ブリーフケース」とかジャストシステムが運営する「インターネットディスク」とかKDDIが運営する「セキュアシェア」とか、そのほかにも「ファイルバンク」とかNTT東日本の「フレッツ・ドット・ネット」もアップルの「.Mac」もみーんなまとめて「著作権侵害で違法」だそうです。不特定多数で共有できなくても、たった一人の特定ユーザーしか利用できなくても違法です。もはやあきれて言葉が出ませんが、東京地裁(高部真規子裁判長)は2007年5月25日、こういった不特定多数にダウンロードを許可するのではなく、特定のユーザーしか保存できないしダウンロードできない「MYUTA」という携帯電話向け音楽データのストレージ・サービスに対して著作権侵害に当たるとの判断を示しました。音楽著作物の利用許諾が必要だそうです。つまり、オンラインストレージサービスおよびそれに類するあらゆるサービスの運営業者はJASRACに音楽著作物の利用許諾を申請した上で、利用料を保存されるファイルに対して支払わないとダメだということです。しかも判決内容をよく読むとこれは特に音楽著作権に限った話ではなく、著作権に関するあらゆるものに対しての判決っぽい。一体いくつのサービスが閉鎖するのか、週明けからとんでもないことになる予感がします。信じがたい詳細は以下の通り。日本のインターネットは本当の本当にもうだめになってしまうかも。


 ファイル共有ソフトでのダウンロードが違法に…知財推進計画2007正式決定


グレーな所もあったからこそネット文化は急発展を遂げた気がするのですが…あまりにもひどい流れですよね。

2つ目のリンク先記事については、止まらないWinnyやShareによるネット流出騒動も原因なんだろうと思いますが…、ちゃんと最新のウイルス対策をしていれば防げることです。同人誌も公開・販売しづらくなるんでしょうね。政治家も裁判官もITに疎い人がこんな馬鹿げたことを考えたのだんでしょうが、これこそ廃案にすべきじゃないの?野党の皆様方


世界中がこうなるのであれば納得はしますが、わが国だけの悪法なんだから何とかして頂きたいものです。

ネット検索サービスで用いられるサーバーに文書や画像データが複製される問題については、著作権法上の課題を明確にして2007年度中に結論を出すとしている。


 JASRACの暴挙をまとめるページ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本 再び鎖国政策〜過剰な著作権保護 花菖蒲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる