花菖蒲

アクセスカウンタ

zoom RSS 和製Second Life

<<   作成日時 : 2007/06/07 04:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京をリアルに再現する“和製Second Life”

トランスコスモス、フロム・ソフトウェア、産経新聞社は5日、インターネット上に東京の街を再現した3次元仮想世界を構築し、そこを舞台にしたコミュニティーサービス「meet−me(ミート・ミー)」を、年内に開始すると発表した。109や東急百貨店など街のシンボルとなる建築物を忠実に再現した渋谷区を手始めに、季節や天候なども同期させ、現実と仮想が重なるような世界の提供を目指す。 運営会社としてココア(Co−Core)を3月に設立。トランスコスモスがシステム開発や事業開発を担当し、ゲームのシナリオ作りはフロム・ソフトウェアが手がける。産経新聞は仮想社会内でメディア事業を展開する。 ココアの社長に就任した森山雅勝トランスコスモス専務は「日本の仮想社会の標準を確立し、新しいコミュニケーションの形を作りたい」と抱負を述べた。産経新聞の阿部雅美取締役は「仮想空間向け情報発信はもちろん、空間内で起きる事象を取材して報道したい」と新しいネットメディアを目指す考えを示した。「ミート・ミー」は現実社会に限りなく近い社会常識を維持し、女性や子供でも楽しめる一歩進んだネット空間を目指す。 フロム・ソフトウェアの神直利社長は「東京23区には170万のめぼしい建築物があり、再現するのは地獄のような作業になるが、非常に面白い試み」と述べ、建物を広告に使ったり、劇場でアニメ映画の公開をしたりとさまざまなビジネス展開がありうるとした。


ITMediaから引用すると長すぎるので、産経新聞の記事から引用しています。

東京って行くには時間とお金(電車賃など)がかかり過ぎるので気軽に…というわけにはいきません。だけど仮想世界ならば自由に行けますよね。楽しみです。

性的なコンテンツやカジノ、公序良俗に反するようなコンテンツは排除する

そうですが、アキバはどうなるんだ(笑)

紹介画像を見るとかなりきれいでリアルなんですが、パソコンでハイビジョンを楽しむのは敷居が高いもんです。おひつ型VAIOみたく、直接HDTVと接続できるPCなら大丈夫だけど、ふつうはPC用液晶モニタで表示しますでしょ。PC用HDモニタはすっごく高いしねぇ。


やっぱ、私はこちらの将来性に期待したいです↓
 SCE、PS3用ユーザーコミュニティ「Home」を今秋開始

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
和製Second Life 花菖蒲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる