花菖蒲

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供を躾けない馬鹿親

<<   作成日時 : 2007/07/26 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 子供の毛染め、ご用心 弱い頭皮…炎症・ショック症状の恐れ

子供の髪の毛を染める親が増えている。「かわいいから…」と軽い気持ちで染めてしまうケースが多いようだが、ご用心。染毛剤に含まれる化学物質の一部には、皮膚炎やショック症状などのトラブルを引き起こす恐れがあるという。「まだ頭皮が弱い子供たちに使うのは避けてほしい」と、専門家は注意を呼びかけている。東京都生活安全課が昨年10月、12歳以下の子供を持つ親を対象に実施したアンケート調査(有効回答数1146)によると、子供の髪の毛を染めた経験がある親は4・1%で、初めて染めた年齢は4、5歳をピークに未就学児が63%を占める。動機は「おしゃれのため」が70%でトップ、次いで「子供にせがまれて」の15%が続く。「自分の毛染め剤が残ったから」という回答もあり、深く考えずに子供の毛髪を染めている現状が垣間見える。髪の毛を染めるには、ヘアスプレーなど「染毛料(化粧品)」で一時的に色を変えるか、色持ちが長期間続く「染毛剤(医薬部外品)」を使うかの、2種類の方法がある。頭皮のトラブルは主に後者の染毛剤が引き起こすが、都の調査では染めた経験のある子供の8割以上が染毛剤を使用していた。染毛剤は、主にメラニン色素を壊す脱色剤と、脱色と化学染料の浸透を同時に行う酸化染毛剤に分けられる。生活安全課によると、脱色剤に含まれる過酸化水素は皮膚や目に刺激が強く、酸化染毛剤に入っているパラフェニレンジアミンはぜんそくや腎臓障害、アナフィラキシー(急性アレルギー反応)を発生させる可能性もあるという。いずれも初回は問題なくても、繰り返し使うことでかぶれなどのアレルギー症状が出ることがあり、症状が出れば以降はずっとアレルギー体質が続く恐れがある。大人になってから染めれば大丈夫だったかもしれないのに」こう残念がるのは、全国で子供の毛染めや化粧によるトラブルについて講演する都皮膚科医会会長の岡村理栄子さん(岡村皮フ科医院院長)。子供は皮膚が弱く、免疫機能が完成されていないため、大人よりも肌のトラブルが起きる危険性が高いという。 「毛染めは化学物質を使うため、正しい知識が必要。でも親が染めれば、子供も安易に自分で染め続けることになる」。かぶれて頭皮から浸透液が出たり、良く振らずに脱色剤を使って皮膚にけがをしたりと、岡村さんのもとを訪れる子供たちは後を絶たない。また、国民生活センターにも「ブリーチを使ったら髪がすべて抜け、医者から『今後生えてこないかもしれない』といわれた」(男子高校生)、「カラーリング剤を使って腎臓を悪くした」(小学男児)などの被害相談が寄せられている。問題の多い子供の染毛だが、即効性のある対策は難しいのが現状だ。都がアンケートと同時期に市販の染毛剤・脱色剤35商品を購入して表示を調べたところ、「幼少児への使用禁止」を記載していたのは15商品だけだった。都では今年3月、「日本ヘアカラー工業会」に対し、全商品に幼少児使用禁止の注意書きをつけるように要望した。協会では正会員35社に都の要望を伝え、数社から「注意書きを表示する」との連絡を受けたが、任意の記載のため、強制はできないという。「(協会としては)使用前にパッチテスト(皮膚試験)をするなど使用法を守れば安全と考えている。ただ、子供は正しく使えない恐れがあり、使用は勧めない。(染毛するのであれば)これまで通り説明書をよく読んで、テストをしてもらうようお願いするしかない」と話している。


幼い子供の髪を染める馬鹿親はほぼ間違いなく、自分の髪も染めてますね。医師がアレルギーの危険性を訴えたとしても、個人の自由と逆キレすることでしょう。子供は自分のペットじゃありません。子供の判断力は年齢と同じで幼いのだから、親がしっかり公共心や社会常識を教え込むべきでしょう。それなのに幼い内から間違った育て方をしていては…子供の将来を狭めかねません。

多くの人は親が幼い子の毛染めについて批判的であるはずですが、どうしても改善しないのであれば、罰則を与えてはどうですか。私立学校なら校則に従わなければ退学にできますが、公立学校では校則を押し付けることができないことが多いようです。公立学校が荒れたり、学級崩壊する例が多いのは罪に対する十分な罰を与えることができないのも一因ではないですか。

確かに何でもかんでも法律で縛るのは、不自由で息苦しいですよね。でも自由を謳う前に公共心を持たせることは必要でしょ。


人を叱ったり批判する場合、その根拠が薄弱であったり無理のあるものであれば、納得しないだけでなく、反感をもたれます。今回の場合は医学的に問題があるわけなのだから、感情的にならずに説明することも大切です。医師だけに説明を任せるのではなく、社会全体で周知徹底を図るべきだと思います。

馬鹿親については以下の記事を紹介しておきます。
 「子供」より質の悪い「バカ親」が急増中!!ホンマにアホやで!
<ブログ名:は?!何やねん コレ!>

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供を躾けない馬鹿親 花菖蒲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる